スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

とうとう、あの動物に遭遇!

ところ変われば、出会う動植物も変わる。 例えば、この辺では猫よりもリスをよく見かける。 日本では見ることのないものに出会うことも多い。 これまで出会って一番嬉しかったのはハチドリ。 そんな中、近所に生息しているらしいが、まだ見たことのない動物がいた。
それは、スカンク。
日本から来たメンバーの中では、車に轢かれたスカンクを見たという報告が入っているが、まだ生きているスカンクの目撃例はない。 現地人に言わせるとハリウッドの北の山の方にはたくさんいるらしく、あんな攻撃されたらヤバいものを日本人は何故見たいのか理解できないらしい(笑)。

そして、出会いは、あまりにも唐突だった。
今日は、親子でアダルトスクールに行く日なので、僕はバイクで会社に向かった。 そして構内に入った瞬間、前方をウロウロしている黒い動物に気づいた。 明らかにネコではない。 動きは狸。 だが色が違う。 

これは、もしや!! と、期待を胸に脅かさないようにアイドリングでそっと近づく。
間違いない。 この白黒の尻尾はスカンク。 よく見ようと近づいて行くと、彼はそれまでのゆったりとした動きからは想像も出来ない素早い切り返しで尻尾を立てた。 驚くとと同時にフル加速で難を逃れるとその音に驚いて、彼も去っていった。 

ここでスカンクの屁を喰らうのもネタ的には悪くはないのだが、バイクに掛けられたら、帰国時に売れなくなっては困るからな(笑)。

いや、それにしてもあれだけ待ち望んだスカンクに会社で出会うとは思わなかった。。。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/17(火)|
  2. アメリカの生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<AMAスーパークロス | ホーム | Google Earth>>

コメント

オポッサム

この辺に住んでいる野生の動物、まだまだいますよ。オポッサムという巨大ねずみ、体長50センチくらい、尻尾も入れれば70センチは超える?これが木を登ったりして、たまに落ちる。そして「ガサガサッ」と大きな音を立てては去っていく。いくらアメリカが長くても、やっぱり「泥棒?ギャング?」と思って警戒してしまうお騒がせ者。
あとは、野生の孔雀。特にPVに多くて、その辺の道、普通に歩いています。
スカンク、あの臭いには参りますよね。悲しいかな内の近くに多くいて、近所の家の猫のエサを猫と仲良く食べてますよ!後その仲間入りするのが狸。考えればけっこう自然に囲まれて僕らは生活しているんですね。
  1. 2006/07/14(金) 09:54:10 |
  2. URL |
  3. Alex #-
  4. [ 編集]

それだっ!!

半年くらい前に、ウチの前に見たこともない動物が車にはねられて死んでいるのを見つけました。 狸くらいの大きさだけど、尻尾に毛がなくて、顔は結構凶暴そう。 はねられていたのであまりじっくり見る気もせずに、迷宮入りしていました。
実は、僕は小さい頃、昆虫、動物好きで、「わくわく動物ランド」の小林亜星を倒すのは自分だと思ってました(笑)。 そんなこともあって、正体が分らなかったのが悔しかったのですが、今思えば、オポッサムの仲間に違いないとおもいます。 まさか、身近にそんなものが住んでいたとは、想いも寄りませんでした・・ あと、PVで時々見る孔雀、 てっきりあの辺りの金持ちが飼ってるんだと思ってました。。 野生だったとは・・・ この話だけ聞いたら、どんな田舎かと思いますよね(笑)
それにしても、猫と一緒に餌を食べるスカンク・・・見てみたい。 写真にとったら、カッコウのブログネタになりますね(笑)
  1. 2006/07/14(金) 21:54:07 |
  2. URL |
  3. a1 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/71-feccaa6e

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。