スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

曲がらせてくれない信号

アメリカ(全土かどうかは知りません・・)の信号はちょっと賢い。交差点付近の地面に埋め込んだセンサーで交通量を感知して信号の切り替えを制御するのだ。
交通量の少ない方向の信号は直ぐに赤に変わるので、交通量の多い側は待ち時間が少なくなり渋滞をいくらか軽減してくれる。

良いシステムだと思うが、慣れないと危ない場合もある。
例えば、ガソリンスタンドやレストランから道路に出てすぐに進行方向の信号が青になったとする。その信号まで車は全然走っていない。青信号でいけると思い込んで交差点に近づくと、予想外に早く赤に切り替わるのだ。

特に昼間の交通量の多い時間に走り慣れた道を、初めて夜間に走るときなどは注意が必要だ。左折可の信号が出ていても加速して交差点に近づくのはやめたほうがいい。実際、こっちで運転し始めた頃はそのシステムを知らなかったので、何度か「早っ!」と思いながら強めのブレーキをかけたことがあった。

まあ、これは気をつければ良いことなのだが、困ったこともある。
左折可の信号は待っている車両がいないと青にならないところがあるのだが、どうもバイクに気づいてくれない信号があるのだ。南から家に帰って来るときによく使う信号もその一つで、微妙な停車位置のずれなのかセンサーが壊れているのかは分からないが、とにかくバイクだと変わらない(センサーの位置はあからさまに見えていて確実にその上に乗っているので、多分センサーがおかしい)。

おかげで、よく行く近所のちょっとした峠からの帰り道はいつも遠回りして帰らないといけない・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/09/10(土)|
  2. アメリカ交通
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Googleで英語の勉強 | ホーム | GR - リコーの意気込み>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/39-c149bb99

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。