スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

Tetanus

今日は思いがけないところで痛い目にあってしまった。
朝からそれなりに仕事も順調に行って、気持ちよくランチを食べて帰ってきた直後、事件は起きた。
クリーンルームの中の同僚にサンプルを渡そうと、パスボックスの開き扉を開けようとすると、扉が外れて見事に額のど真ん中を直撃・・・。
普通なら、ネタとしておいしいところなのだが、笑えないほど痛い。手でつかんだままの扉を見ると、二つの蝶番の内の上側の方が外れている。

「Ryan, bleeding!」と言われ、bleedingを翻訳するのに0.5秒ほど使った後で額を触ると、濡れている。。 ※Ryanは僕のことです
見事なほどに都合良くパスボックスの真横の壁に設置されていたFirst Aidからはまともなフキンは見つからず、そこから消毒液付のフキンとワセリンをだけ取り、実験用のワイパーで額を押さえながらトイレに行く。

初めて見た傷は、見事なまでに典型的な三日月傷。ヤクザか流れ星銀牙のようでした。ちょっと、ネタ的にはいいかもと思いつつも、全然止まらない血にちょっとやばさを感じ、ワセリンを塗ってみる。
おお、止まる止まる。そりゃ、格闘技で使うわけだ。

傷の深さ的には大したことはなかったが、男とは言え、あんまり大きく傷が残っても感じが悪いので、大事を取って前に言ったことのある日本人の医者に電話して駐車場に向かった。

すると、すぐにクリーンルームの管理をしているマネージャから携帯に電話が入った。連絡の早さにちょっと感心しながら聞くと、カンパニードクターに言ってくれとのこと。電話をした日本人の医者は内科だし、ちょうどいいと、彼が書類を持ってくるのを待つことにした。
彼は部屋に入ってくるなりアメリカ人らしくなくSorryの連発なので、Typical Scar of Japanese maffiaみたいだと流して、書類を受け取る。そして、そこでようやく気づいたのは、カンパニードクターは日本人じゃない・・・ 当たり前だが。。

ちょっと不安を感じつつも大した怪我ではないから大丈夫だろうと言い聞かせつつ、病院に向かった。着くとすぐに処置室に通されて、レポートを書けと言われる。どうも会社の保険を使う関係上、ちょっと面倒な書類を作らないといけないらしい。その後は予想外の質問攻めに何度もWhat does *** mean?を連発して何とか切り抜ける。。なんか聞いたことない単語がやたらと多かったので・・
その間、かなり手荒に消毒された後、思いっきりでかいガーゼをつけられて、書類は完成。「じゃ、私はこれで」と治療や資料を作ってくれたおばさんは去っていってしまった。。まさか、これで治療終わりか??これなら来るんじゃなかった・・・と思いつつ、「もう帰っていいの?」と聞くと、これからドクターが来るから座ってろとのこと。

ほっとしながらドクターが来るのを待つと、まずその助手らしき男がやってきて、処置用の道具を揃えていく。手持ち無沙汰なので、「最近、日本から来たんだけど、日本のことって何か知ってる?」などとくだらない会話を始めてみる。「よくは知らないけど、ゲームとかアニメとか有名だよね」ってな返事。やっぱ、その程度かと思いつつ、話を続けるためだけに「プレーステイションってアメリカでも人気あるよな」と聞くと、
「フライ・フィッシング?」
・・・自分の発音はそこまでダメなのかと相当ショックを受けたが、めげずにもう一度はっきり言い直して会話を続けた。。

ようやくドクターがやってきて、安心できる診察をしてくれた。
しかし、ここからもう一山始まるとは思っていなかった。なんか「テタナスの注射を最後に打ったのはいつか」みたいなことを聞いてくる。意味が分からないというと、「前に大きな怪我をしたのはいつだ」みたいな質問に変わった。麻酔のことか?と思って、聞き返そうとするが、麻酔の英語が分からない・・・ そこで、何のための注射か、必要なものなのかと質問してみると、感染を防ぐのが目的で、念のために打つという。傷からの感染と聞いて、たぶん破傷風だな、というかそれしか知らん、と思いつつ、それならなおのこと、不要なものは打たなくていいと断ろうとするが、絶対問題ないから打てとのこと・・・。まあ、大丈夫かとおとなしく打って帰った。

電子顕微鏡のインストールで来ていたアメリカ人のMattにスペルを教えてもらって調べるとやはり破傷風だった。

またしても、英語を勉強しなきゃと思わされた一日でした。

スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火)|
  2. アメリカ生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカ的CM | ホーム | Palm Springs>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/26-2235175b

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。