スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

654,965

この数字は何を意味するのか?

・・・これは、ある大国の反感を買った国で、
見せしめに殺された人の数だそうです。
正確には、米英がイラク侵略を開始した03年以降、この侵略戦争により直接、または、間接的に殺されたイラク国民の数を、研究団体が現地での調査をもとに統計的に見積もったもの。 もちろん、有効数字が6桁もあるわけもなく、統計誤差を踏まえると、40~90万人の犠牲者が出ていると推定されるそうだ。

War blamed for 655,000 Iraqi deaths

報道発表の数値を積算した調査結果の10倍以上になるこの数字に対して、ブッシュは「信用できない」と言ったらしいが、あの男が信用できるのものは自分に都合の良いものだけなのだから、まあ、どうでもいい。 統計手法の専門家達は、今回の調査を正当なものと判断しているようなので、それで十分だし、報道発表値の数倍以上の犠牲者が出ているのは当然予想がつく話だ。 ちなみに、ブッシュは、世界中の科学者が認めている「CO2の排出量と地球温暖化の関係」も信じられないらしい。。。 日本では、アメリカは合理的な国だといわれることが多いが、とんでもない勘違い。 そう見せるのが少し上手いくらいの話だろう。

もっとも、犠牲者の数が数万か数十万かは問題ではなく、ある一部の団体が自らの利益のために、多くの人を虐殺し続けていることと、それを指揮する国では、そのことが選挙戦の材料くらいにしかならないことが腹立たしく悲しい現実だ。

こんな状況を目の前にしたら、その悪の大国に与しない小国が核武装したくなるのも一つの道理になると思えてしまう(北朝鮮にはそんな大儀はないともうけど・・・)。 大体、自分の都合のいいときだけ、安保理決議がどうこう言うくせに、国連なんて無視してイラクを侵攻し、今も国連で採択された包括的核実験禁止条約を実質的に無視して未臨界核実験を続けているのがアメリカという国だ。

スポンサーサイト
  1. 2006/10/15(日)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<L.A.の季節感 | ホーム | 通ずるもの>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/169-56933fdc

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。