スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

嘘をつかずに騙す

「Blu-rayとHD DVDの両対応ディスク、Warnerが開発」
これを読んだらどう思うだろう? Blu-rayとHD DVDの両方に対応したディスクをWarnerが開発した、または、開発に目処をつけたように読めないだろうか? 少なくとも、開発している、とは読めるだろう。
次世代光ディスクの二つの規格、Blu-rayとHD DVDの戦いが少しずつ脚光を浴びてきた今、このタイトルや記事の内容がキャッチー(古い?)なのは分かるが、公のメディアが書くには、あまりにも誤解を与えすぎだろう・・・

Warnerにそんなものを開発する技術なんて、これっぽっちもないし、実際に彼らがやったのは、特許出しただけ。 特許を読んだわけではないので、ちょっと勇み足の恐れもあるが、まあ、ブログなんだからとひるまず書くなら、彼らの特許は両規格対応のディスクを実現するための技術そのものではないはず。 なぜなら、そんなものは何年も前に実験室レベルで実現済みで、学会でも発表されているのだから(すでに公にされた技術は、その後、出願しても特許として成立しない)。

さらに、その特許がどうであったにしろ、Blu-rayとHD DVDの両方を入れたディスクは輪を掛けて作りにくく、かつ、容量は、それぞれの最大容量にはまずならない。 つまり、コストが高い上、Blu-ray、HD DVDそれぞれよりも劣った中途半端なディスクになる。 それぞれの最大容量をもつディスクも、現行の両規格の仕様に変更を加えれば、技術的に不可能ではないが、コストの観点からそれこそありえない。 時間が解決する可能性はゼロではないが、その頃には、規格競争なんて昔話で、そんなディスクは無用の長物以外の何物でもないだろう。

まあ、ろくに技術を理解していない者が書いた記事なのだろうが、金もらって記事を書く以上、もう少し、何とかしてほしいものだ。 ついでに言うなら、HD-DVDって書く記者が多すぎ。 NIKKEIやAsahiのネットの記事でも間違っている(その点については、この記事の記者は問題ない)。 HD-DVDは、別物の名前なんだよね・・

よく見たらこの記事、トラックバックできるじゃないか。
してやろ。 激反論コメントされたりして・・・笑
スポンサーサイト
  1. 2006/09/20(水)|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<鼎泰豐(ディン・タイ・フォン) | ホーム | 実況生中継>>

コメント

最近読んだ本でも、何の下調べもなしに聞きかじったことを面白おかしく、そして自分の意見までも混ぜて記事を書いていた記者が問題になっていました。読む方は信じてしまいますよね。

マスコミに踊らされない為にも色々な知識を身に付けたいところですが、やっぱり興味のないことは右から左に抜けていきますね・・・
  1. 2006/09/21(木) 10:28:16 |
  2. URL |
  3. ばんぴ #-
  4. [ 編集]

確かに話を聞かずにその記事読んだら知識がないから
「やっぱ出来るんじゃん。」
って思ってただろうなあ。

でも難しいよね。いろいろ新しく知ろうとして
本とかネットとか見たりするのにその状態で
判断するなんて。

ところでWBSタッチの差で見逃してしまいました。
子供を寝かしてるうちに自分も寝てしまって
気がついたら23時くらいでボーとしてたら
23時半くらいでした。
うつってた?
  1. 2006/09/21(木) 21:08:35 |
  2. URL |
  3. りー #-
  4. [ 編集]

コンテンツメーカーの発想?

HD DVDとHD-DVDが別物って始めて知りました。でも後者はいったい何ものなんでしょうか?

さて、規格競争の利点、なるほどと納得しながら読ませてもらいました。ただ、思い出すのはやはりベータとVHSの戦いです。どちらかが敗者になるような結末は、、。

確かDVDを両面にするか二層にするかでSONYと松下が争ってましたよね(もう10年くらい前ですけど、、)。で、その規格は両方ともDVDの規格として残ったと思います。それを思い出すと、一枚のメディアに1つのコンテンツを、2種類のフォーマットで書き込むって、なんだかナンセンスな気がしてきました。だって、そんなことする余裕があるなら、その分メディアの容量増やした方がいいんじゃないって、3層なら3倍ですもんね。

ただ、Warnerはコンテンツメーカーだから、彼らのメリットとしては、同じタイトルを二つのパッケージで出版せざるを得ない現状に、消費者とは違う種類のストレスを感じているのかもしれませんね。

消費者的には、どちらのフォーマットのメディアであろうと、両方の規格が再生可能なプレーヤーさえあれば十分な筈です。わざわざメディアで両方のフォーマットに対応しようというのが、コンテンツメーカーらしい発想なのかなって思いました。
  1. 2006/09/21(木) 21:34:31 |
  2. URL |
  3. Take4 #-
  4. [ 編集]

ばんぴさん、りーさん、
そう、自分が知らないことを調べるときなんか、自分で真偽が判断できないときが多いし困るよね。鵜呑みにしないのが大事なんでしょうね。僕は、情報だけじゃなく、その経緯や根拠がしっかり書いていないものはとりあえず信じないことにしてます。。WBSは僕は見てないけど、背景にもならなかったみたい(笑)

Taka4さん、
HD-DVDは、あまりにも単純な名前で、開発コード的によく使われたもので、規格の名前じゃないんですよ。DVDの両面、片面は一応両方とも残ってるんですよ。その前に、東芝・松下のSD規格とソニー・フィリップスのMMCD規格の争いがありました。その時は、記録密度を上げ易い規格SDがMMCDの信号方式を取り込むことで、一応、いいとこ取りでDVD規格になりましたが、実質、SDがDVDになったようなものです。ちなみに今回は、記録密度を上げやすいのはBDの方です。 コンテンツメーカーがハイブリッドディスクを欲しがるのは自然なことだと僕も思います。ただ、彼らが同時に重視するコストとどう折り合いをつけるかでしょうね。また、既存のプレーヤで使えなくなるのではBDでもHD DVDでもなくなってしまいますし。。
  1. 2006/09/22(金) 00:01:21 |
  2. URL |
  3. a1 #OARS9n6I
  4. [ 編集]

ABCが書くと...
http://www.abcnews.go.com/Technology/story?id=2478759&page=1
  1. 2006/09/24(日) 01:10:59 |
  2. URL |
  3. a1 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/160-81883906

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。