スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

CR 2日目:のんびりバンフ

20060917173620.jpgカナディアン・ロッキー二日目。
外は、これ以上ない青空。
少しくらい雲があったほうが様になる写真が取れるのだが、そこまでの贅沢を言ってはバチが当たるというもの。。笑

昨日は、最後にドタバタと大変だったので、チェックアウトギリギリまでのんびりすることに。 今回の旅行は、半分雨でも見たいところが周れるようゆったりした日程にしたのだが、しばらく雨は降りそうも無いので時間はたっぷりある。 ま、日頃の行いのおかげだな(笑)

バンフは、カナディアン・ロッキー(CR)の観光拠点としては一番大きな街で、ここだけでもCRの雰囲気を全部味わえそうなところ。 とは言っても、反面、観光客は多いし、本格的にCRを味わうなら、少し離れたところに行く方がいい。 というわけで、自然を味わうのは取って置いて、観光地ならではの観光開始。

いきなりメインのサルファー山へ。
ロープウェイで一気に上がれるのがラクでいい。 そういえば、CRに行ったことがある同僚のおばちゃんに、「高い山に登るロープウェイは子供が気持ち悪くなるからやめたほうがいい」と言われたのだが、飛行機の方がずっと高いところを飛ぶのに、そんなはずがない。 ちゃんと水を飲ませながら上がったからか、一才児でも全然大丈夫でした。 それにしても、サルファー山というわりには、ほとんど硫黄の匂いがしない。 北海道の硫黄山なんて半端じゃなかったけどな。 ま、あれじゃ外国人は集まらないかも・・・笑


ロープウェイは4人乗りでどんどんくるので、長い列も問題なし。
20060917173656.jpg


まずは、展望レストランで腹ごしらえ。
いつもの如く、恐怖心というものがありません。。。
20060917173703.jpg


誰が撮ってもこうなるパノラマ(笑)
20060917173715.jpg
真ん中にある丘がトンネル山、
その左に小さく広がるのがバンフの街。

刃のように鋭いランドル山の尾根
20060917173734.jpg
CRのあちこちで白い尾根と青空のコントラストを
見たが、これが一番きれいだとおもった。

第一展望台から西へ続くトレイルを歩くと
西側にボウ川の美しい眺めが望める。
20060917173752.jpg


このあたりの岩はこんな感じ(分かるかな。。)
20060917173729.jpg
この層構造が、CRの鋭く非対称な独特の山を形作っているようだ。


サルファー山で展望を堪能した後は、麓のカスケード・ガーデンへ。
ここは、バンフの目抜き通りの突き当たりにあるので、観光客が一杯いるのかと思ったのだが、広い敷地のおかげもあって、静かで平和そのもの。 贅沢な景色の元、広い芝生の上で娘の歩く練習をしたりしてました。


練習場(笑)の芝生の上から一枚。
20060917173809.jpg
右の建物は、国立公園の管理局。

ここからはカスケード山をバックに目抜き通りが見通せる。
20060917173828.jpg


次に向かったのは、ボウ滝。
はっきり行って、特に見たい場所ではなかったのだが、
手軽にいけるところがもうあまり無いので、
映画ロケ地に使われたということで・・・笑。 

激流ではあるが、滝かどうかは疑わしい。。。笑
20060917173833.jpg


ランドル山と一緒に。
ここからみると、非対称な頂がよくわかる。
20060917173851.jpg


まだ明るいが、手軽に行ける近くの湖は、このあとで行くところを考えるともう一つ魅力を感じないので、唯一いきたいところで残ったトレイルを、明日の早朝に行くことにして、今日は、早く帰って寝ることに(といっても、娘が自由に寝かせてくれるわけじゃないのだが・・・)。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/03(日)|
  2. アメリカ観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<CR 3日目-1:早起きは三文の得 | ホーム | カナディアン・ロッキー(CR) 1日目>>

コメント

やっぱり

カナダもスケールでかっ!
ランドル山の風景は本当に絵のようですね。

バンフは有名な街ですけど、上から眺めると小ぢんまりなのが意外。
  1. 2006/09/18(月) 07:37:32 |
  2. URL |
  3. walrus #bIaWWfBk
  4. [ 編集]

滝の定義

この写真の滝はキャスケードと呼ばれるタイプで、一応滝カテゴリーに入るようです。そういえばヨセミテにも小さいのがありましたっけ?
滝の定義を調べたのだけれど、「滝とは落差何メートル以上で…」とあるのかと思いきや、けっこうあいまいでした。水が勢いよく落ちていれば良いみたいでした。Just FYI.
  1. 2006/09/18(月) 15:32:51 |
  2. URL |
  3. Alex #-
  4. [ 編集]

氷河おそるべし

walrusさん、この盆地というか底の部分が氷河の流れで削られて出来たと思うとスケールの大きさを感じずにはいられませんね。 それにしてもバンフをご存知とはさすがですね!

Alexさん、なるほど。でも、実はこれ、英語でもBow Fallsなんですよ。FallとFallsの違いも最近知ったばかりなんですけど、まあ、そんな厳密じゃないんでしょうね(^^)

  1. 2006/09/18(月) 20:04:54 |
  2. URL |
  3. a1 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/155-6ba3f9c2

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。