スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

カナディアン・ロッキー(CR) 1日目

20060913084838.jpg前日まで取れるかどうかハラハラさせられたが、なんとか取れた夏休み。 9連休をフルにつかってカナダ旅行。 行く先は北米大陸を貫くロッキー山脈のハイライト、カナディアン・ロッキー。
 

カナダって、アメリカから行くと、いまいち外国な気がしません。
ナゼかと言うと、携帯も車の免許もそのまま使えるし、なんと、アメリカで自家用車に掛けている保険も、カナダのレンタカーをカバーしてくれるのです。 というわけで、一番気をつけないといけないのはパスポートを忘れないようすること。 カナダも、メキシコもパスポート無しで入れてしまうのだが、アメリカに戻ってくるときはそうは行かないからね(あ、でも、メキシコのティファナから戻るときは、免許証で入れてたか。。)。

まず、出発前に念のためにと発着状況を調べると、数時間の遅れが・・!?
なんか事件でもあったか? と思ったが、よく見ると、というか、自分で設定したのだが、日にちが一日ずれて昨日の状況を調べてました(笑)。 よかった、よかった。

この所のテロ関連の事情を考えて、ちょっと早めの3時間前を目指して空港に向かう。 タクシーは、最悪時間が読めなくなると困るので、自分の車で行って、パーキングを使うが、なんとセルフパーキングは満車。。 仕方なく、1日$5アップのバレットに・・・ 予約して置けばよかった。。。

そんなこんなでイソイソと空港に到着するが、エア・カナダのターミナルは込んでいる気配、全くナシ。 まあ、チェックインカウンターは空いているのに、セキュリティチェックに長蛇の列ってのがよくある話なので、先に進むと、セキュリティチェックで待っている人はゼロ・・・
ま、並ぶより並ばずに済むほうがいいんだけどねぇ。

搭乗まではたっぷり時間があったので、カナダドルを買いに行く。 大抵カードが使えるだろうし、そうでなくてもアメリカドルが通用するようだが、相手の国の通貨くらい用意するのが礼儀だと僕は思うので、$100だけ買うことにしたのだが・・・ 1CAD=0.9USDくらいのはずなのに、手数料負けして、103 USDも払うことに。 なんか納得いかねぇ。。。笑

カナディアン・ロッキーの玄関口、カルガリー空港までは3時間のフライト。
到着して、携帯の電源を入れると、いつもと違うキャリアの名前が表示されて、ちゃんとローミングに切り替わっている。 しかも、時差まで自動で補正されている。 ローテクではあるが、こういうのって下手なハイテクよりも「おお~」と感心させられてしまう。

早速、レンタカーを受け取って、出発したのは6時過ぎ。

カナダの街並みは、アメリカ西海岸に比べると、ちょっと落ち着いた感じ。 街路樹の低さや車の流れの遅さが、日本に近い感じ。 それより、このレンタカー、パワーが無い。。 アメリカで借りる車は大抵、普段乗ってる2.4Lよりは一回りパワーが上だったんだけど、これは確実に下回っている。。。

夕陽に向かってずっと進んでいくと1時間ほどで、今日の目的地ケンモアに着いた。 サマータイムのおかげでまだ明るいが、晩御飯もまだなので、フリーウェイから見えていた印象的な山並みを一枚撮って、直ぐにホテルに向かう。
20060913085139.jpg

が、ここで問題発生。

フロントのおばちゃんが、なんだか困惑した顔で話し始めた。
なんでも、彼女は前のシフトの人と交代したばかりで、その前のシフトの人が、何を思ったか僕らの予約した部屋を他の客に売ってしまったので、今、まさに他のホテルを空きを探しているという。 来週の月曜は、アメリカもカナダも勤労感謝の休日で、この週末は3連休。 しかも、夏休み最後の週末でもあるので、どこのホテルも空きなんてそうそうあるものじゃない。

とにかく、このホテルの部屋は全部埋って、すべて客が到着していると言うので、このホテル以上のクラスで、追加料金はゼロと言う条件で、他のホテルを当たってもらうことにした。

が、掛けても掛けても、空きなど見つかる気配も無い。 
30分ほどしたところで民宿が一件見つかるが、ちゃんとした個室でもないので、乳児と一緒では、周りに迷惑を掛けるし、さすがに避けたい。 一応、キープしておいて、他を当たってもらう。 Expediaとかネットが使えれば一瞬で解決するのに・・・ と、じれったくも思うが、彼女は本当に頑張ってくれているので、あまりプレッシャーを掛けないように離れたところに座って、ときどき話しかけに行く程度にして待つ。 実は、ここは旅行の最後にも2泊する予定なので、特に穏便にしておきたいし。

そろそろ一時間経とうかという所で、もう掛けるところが無くなったような雰囲気なので、ホテルは安い方から埋るから、一番高い方から順番に掛けてみようと、「地球の歩き方」に乗っているホテルを高級なものから順に電話しようと提案してみる。 彼女としては、ホテルのマネージャーと連絡が取れないので、料金の高いところにするのを躊躇していたのだが、彼女自身には何の責任もないことと、問題の全責任はホテルのマネージャーにあると説得して掛けてもらう。 

そして、明日向かう予定の隣町のバンフの2番目に高級なホテルに一室空きが見つかった。 とりあえず、皆ほっとして、彼女の名前を尋ねて握手を交わす。 差額の現金を受け取った後、冗談交じりに次の2泊の念をして、宿を後にする。

もうすぐ、9時になるが、晩御飯がまだ。 
元々予定していた、近くの韓国料理の店がまだ開いていたので、そこで済ませて、バンフに向かった・・・ これも地球の歩き方で紹介されていた店だったが、LAのそこら辺の韓国料理のほうがずっと美味いとおもった。。。

まさに、A Long Day、長い一日だったが、無事屋根のあるところで寝られてよかった(^^)。


スポンサーサイト
  1. 2006/09/02(土)|
  2. アメリカ観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<CR 2日目:のんびりバンフ | ホーム | あとで読む>>

コメント

遂に行ってきましたねっ!

Ryanさん、念願のカナディアンロッキー行かれたのですね!羨ましい。。。
でも、早速初日からホテルのトラブル、アメリカでもしょっちゅうあることですよね。
旅は何らかのトラブルがあるから楽しいというけど、(僕もヨセミテ行ったときタイヤバーストで一日聞いたこともない町で足止めくったけど…、挙句の果てはバークレーの高級ホテルに泊まるはずだったのが、安モーテルになりました。)出来れば何事もないほうがいいですよね。Ryanさんの場合、ホテルがアップグレードされて、ある意味ラッキーでしたね!
旅行記、楽しみにしていますね!
次はイエローストーンですか?
  1. 2006/09/16(土) 03:57:28 |
  2. URL |
  3. Alex #-
  4. [ 編集]

怪我の無いトラブルは良しとします

僕も、トラブルは旅行を旅行らしくさせるものだと思っているので、重いものでなければ楽しめます。 ホテルのトラブルは何度か経験がありますが、他のホテルに移ることになったのは初めてでした。 ま、ちょっとラッキーなところもありましたけどね~ ^^)
  1. 2006/09/17(日) 23:43:39 |
  2. URL |
  3. a1 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/154-3afbfdd1

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。