スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

風の力

ヨセミテ旅行でも書いたが、カリフォルニアには、数百ではきかない数の風車が密集している地帯がある。 風車と言うとちょっとレトロな響きがあるが、もちろん小麦を挽くためのものではなく、発電が目的。 以前から、その実情が気になっていたので、少し調べてみた。。。

初めて、風車の大群を見たのは、L.A.に来てすぐの頃に、ジョシュアツリー国立公園に行ったときのこと。 L.A.を少し東の内陸側、パームスプリングスの手前(San Gorgonio Pass)に、白い近代的な風車(風力タービンと呼ぶらしい)が一面に並んでいる。 日本でも見たことがあるが、数がまるで違う。 調べてみると、なんと、3500基以上あるそうだ。

L.A.の東、San Gorgonio Pass。
P1020513.jpg

春頃は、雪山をバックに絵的にも美しい。
P1020522.jpg


さらに、サンフランシスコの東(Altamont Pass)には、6000基以上の風力タービンが広がる。 僕は行ったことがないが、Tehachapi Passにも5000基が配置されているらしい。 これらは、Wind Farmと呼ばれるそうだが、その様はまさに風力タービンの畑のようにもみえる。

S.F.の東、Altamont Pass。 
P1060264.jpg

ここのは、比較的小さめ。
P1060250.jpg


日本では、せいぜい10基くらいが連なっているしか見たことがないのに比べて、アメリカの途方もないスケールにただただ驚いたわけだが、調べてみると、実は、まだ上がいる。 アメリカは、発電量では世界3位で、1位は、なんとアメリカよりずっと国土の小さいドイツ。 ドイツは太陽光発電にも力を入れていると聞いたことがあるし、環境保護への取り組みがずいぶんと進んでいるようだ。 2005年の発電量(出力:MW)トップ3は、次の通り。

1位 18,428MW ドイツ
2位 10,027MW スペイン
3位 9,149MW アメリカ

ドイツの発電量は、全世界の発電量の3割を超え、既に自国の電力の6%を担っているというから大したものだ。 ちなみに、カリフォルニアの発電量は、2,150MWでアメリカの州で一番、 また、意外にも、日本にも全国で1000基ほどタービンがあり、発電量も1,040MWで、世界第10位となっている。 

風力発電が環境に優しいのはもちろんだが、思っていたよりもずっと実用的になってきていることが分って、ちょっとうれしい気持ちになった。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金)|
  2. テクノロジー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早朝フライト、グランドキャニオンへ | ホーム | 西海岸を走る>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/124-8f94474d

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。