スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

Sに気づく

ときどき、英単語の日本語表記の正確さをあれこれ言うのを見聞きするが、僕はどうでもいいと思っている。どうせカタカナにした時点で正確じゃないのだから。Michealがマイケルでもマイコーでもマイコウでもどうでもいい。ちなみに、Lostに出てくる韓国人が発音するマイクルが最近のはやり(笑)。

アメリカに来て、いろいろな場所やモノの名前を覚えるのだが、日本人からカタカナ(ひらがなでもいいんだけどね・・・笑)で教えてもらうものが多い。 大手のスーパーマーケットのラルフズとアルバートソンもその中の二つだった。 何の疑問もなく、仲間内ではその名を使っていたのだが、ある日、思った。 他の人の名前を使った店も、ジョーズとかジョブズとかSがつくのに(ジョー"の"(店)と言うニュアンス)、
 
 「なんでアルバートソンはアルバートソンズじゃないんだろうか」、と。

まあ、大したことじゃないので、それからまたしばらく忘れていたのだが、またある日、久しぶりにアルバートソンの前を通ったときに、ふと思い出して看板を見ると、Sが付いている・・・ 皆でずっと勘違いしていたのだった。。。笑 
やっぱ、これは発音どうこうの問題じゃなくて間違いだろう。

この間、外で昼ごはんを食べた後の帰り道、そんな話をしていて目に入ったのは、マクドナルド。
そして、次の瞬間気づいたのは、

  「マクドナルド も マクドナル"ズ" や・・・!」

マクドナルドもカタカナ発音とネイティブの発音の差が大きいものとして有名だが、まさか最後にSが付いていたなんて考えたこともなかった。 
日本のマクドナルドの看板には付いてないのかも・・・、と思ったが、調べたらしっかり着いてました。。。

で、ネイティブの人は、(実際に音が出るかどうかは別として)Sを発音しているのかどうか聞いてみた。

  「そりゃそうだろ」、だそうです・・・ 笑
スポンサーサイト
  1. 2006/06/01(木)|
  2. アメリカの店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<チャンピオンの苦悩 | ホーム | Solvangまでひとっ走り。>>

コメント

先日、私のブログで話題になった「国語」ですが、アメリカでも「国語」つまり「英語」がおろそかになる傾向があるらしいですね。
日本でベストセラーになってる「国家の品格」の藤原さんは数学の先生ですが、アメリカの学生の宿題添削をしていると、主語が三人称単数で現在形なのに動詞に「s」をつけなかったり、めちゃくちゃで、数学そっちのけで英語のチェックをしたそうです。(笑)
私は、英語よりインドネシア語の方が頭にすいすい入って行く時がありました。「動詞」が一個って覚えやすかったのです。

でも、英語にしろ、インドネシア語にしろ、国語にしろ、使わないと、その感覚って鈍ることがわかって、あぁ、喋ったり、書いたり、読んだり、歌ったり、しないとなぁ~と思うようになりました。(笑)
  1. 2006/06/01(木) 00:44:50 |
  2. URL |
  3. nori #-
  4. [ 編集]

正直、誤字脱字だらけのブログをさらしている身としては、あまり言えたものではないのですが・・・ そうですよねぇ。使わないとねぇ(笑)。

僕も、周りに、タガログ、スペイン、タイ、ベトナム、中国語のネイティブたちがたくさんいるので、英語以外もかじりたいと思いつつ、ただ日々が過ぎていきます。。。

マガンダン ガビ!
  1. 2006/06/01(木) 01:29:39 |
  2. URL |
  3. a1 #-
  4. [ 編集]

お久しぶりで(って、アンタ誰?!)

前回いつお会いしたかさえ覚えていないテイタラクですが、お元気そうで&忙しくご活躍のようで&お幸せそうで何よりです。
walrusさんとこで久々にお名前を拝見したので飛んできました。
その手の"S"で解らんのは、「'(アポストロフィ)が付くS」と、ただ「Sだけ」との違い。
"Baskin Robbins"は「'」付かへんのよねぇ。

(と、ブランクなど無かったかのように書いてみる)
  1. 2006/06/01(木) 08:18:01 |
  2. URL |
  3. Shige-RX #WtmjAOOY
  4. [ 編集]

おいらはよく"S"を忘れて、英会話の先生に怒られました・・・・(^^;
ってか、"S"って日本人にはなじみにくい気がするんですよねぇ~
と、言い訳してみるテスツ
  1. 2006/06/01(木) 17:51:15 |
  2. URL |
  3. Utsumi #-
  4. [ 編集]

>Shigeさん
ご無沙汰です! そう、実は僕も同じ疑問を持ってました。 
"'s"じゃない方は、家族とか家系でやってる感を出してるのかなと思っていたのでが、考えても分かることじゃないので、英語の先生に聞いてみました。 で、答えは、「一緒」でした・・・
もともとは、全て"'s"のはずで、利便性やロゴのデザイン、ニュアンスの若干の違いなどで外されたりするらしいです。
ニュアンスの違いは、例えば、Robinsonをつかってみると
Robinson's Robinsons Robinson 
と右に行くにしたがって、個人店→会社的なニュアンスに変わるそうです。 確固たるモノではないとのことですが、実際、それを利用して、親近感を沸かせるために、あえて "'s" を使う場合もあるそうです。 僕の想像よりもずっと深かったです(笑)

>Utsumiさん
僕も会話になると、書いたらまず間違えないような、ホントに基本的なことを間違いまくります。過去と現在ごちゃ混ぜになったり、単数複数間違えたりね。。。 でも、とりあえず通じればいいんです(言い切ってみる・・・)! 細かいところはそれができるようになってから。 あと、ホントに一言でもいいから、相手の国の言葉を覚えるって大きいですよ。 日本語話せない外国人が来ても、挨拶だけでも「コンニチワ」「アリガトウゴザイマス」とか言われたら、うれしいですよね。 あれと同じです。 
  1. 2006/06/01(木) 21:23:42 |
  2. URL |
  3. a1 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bluray.blog16.fc2.com/tb.php/110-70252c96

HOME

Los Angeles Time

JAPAN Time

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archives

Links

Search


a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。